other

ウエディングでバーベキューで手早く火をつける方法

結婚式でバーベキューなんて最高!

炭に火をつけるには、ちょっとしたコツがあれば誰でも簡単にできます。
まず少量に火をつけることが重要です。
たくさんの炭に着火しようとすると、なかなか火がつきません。
丸めた新聞紙やティッシュ、小枝などもあれば役に立ちます。
バーベキューコンロの上に、空気が通りやすいよう隙間を空けて並べ、紙系のものから小枝、炭という順に置きます。
出来るだけ高くなるように上へ向かって置いていくことがポイントです。
新聞紙に火をつけ、小枝と炭を上に重ねて積み上げます。

たったこれだけのことであっても、意外と出来ていない場合があります。
なかなか火がつかないと、炭を動かしたり、欲張って大きな塊に着火しようとするのは止めましょう。
表面積が狭いほど火はつきやすく、空気を入れてやることでよく燃えるようになります。
火がついたらウチワなどで風を送ると、効率的に火が燃え広がりますので、ぜひ実践してみてください。

炭を準備するときに、もし使い古しを使用する場合は、よく乾燥させてから使ってください。
湿っていると、どんなに火おこしに慣れていても火はつきません。

どうしてもコツが掴めないときは、火がつきやすくなるグッズを試してみるのもいいでしょう。
着火材にはシート状やゼリー状のものがありますが、基本的にはどれを使用しても効果は同じです。
扱いやすいものや、購入時の価格などを考慮して選んでください。
しかし一度燃え上がったあとに、着火材を継ぎ足しする行為は一気に燃え上がったりしますので、絶対にしないでください。
家庭用のガスボンベが使えるバーベキューバーナーもありますが、火力が強いので慎重に取り扱いましょう。
便利グッズは時間の短縮に繋がり便利なのですが、使い方を誤ると危険を伴いますので注意が必要です。

誰でも簡単にバーベキューで手早く火をつける方法は、少しのコツがあれば可能です。
慣れないうちは戸惑ってしまうでしょうが、何度も実践していると上達しますので、あきらめずに頑張ってください。

-other