gpalmisanoadm / Pixabay

gpalmisanoadm / Pixabay

ブライダルフェア評判

結婚式の2次会に出席する際の服装やマナー

名古屋の結婚式に招待され、二次会にも参加するという場合、どんな服装で行こうか悩まれる方もいらっしゃると思います。
披露宴はフォーマルな服装で出席するかと思いますが、二次会がどんな服装が理想的か、わからない方も多いです。
お洒落な格好はしたいものの、マナーを守った服装でありたいですよね。

二次会の招待状には、平服で出席下さいなどと書かれている場合が多いです。
平服とは、略礼装の意味合いで、改まった所に出てもおかしくない服装を指します。
つまり、フォーマルとまではいかないものの、普段着ではない服装といえます。
どの様なスタイルが望ましいのか、特に女性の場合は選択肢の幅が広いので迷ってしまうでしょう。

結婚式二次会の服装に正式な決まりは無いのですが、パーティー感を意識すると素敵です。
フォーマルなワンピースやスーツは間違い無いです。
具体的なイメージとしては、高級レストランに行く感じで考えると良いでしょう。
素材も綿ではなく、サテン地などテカリ感がある生地はお洒落ですね。
ただし、主役の新郎新婦よりも目立たない事はしっかりと心がけたいものです。

反対に避けたい服装もしっかり把握しておかなければなりません。
女性の場合、花嫁が着る可能性がある白系ドレスは辞めておきましょう。
また、結婚式披露宴でも同じですが、肌の露出は相応しくありませんので、必要であればボレロやジャケットを着るコーディネートを考えます。
露出が高すぎると、他の友人から白い目で見られてしまいます。

他にも抑えておきたいマナーとして、不祝儀を連想してしまう物は避けたいという事です。
全身黒のスタイルや、ブラックパールのネックレスは辞めましょう。
また、革のバックや大きなバックも、いくら高級ブランドといえ相応しくありませんので注意が必要です。
他にも見落としがちとなるのが足元への気配りです。
あくまでもお祝いの場なので、つま先の開いたサンダルやミュールは避けたいです。
冬のお呼ばれだからと言って、ブーツを履くといった事が無いように気をつけましょう。

二次会はドレスコードの制約がさほど厳しくは無い為、お洒落の幅がぐんと広がります。
最低限のマナーを心がけつつ、あなたならではのお洒落を楽しみましょう。

-ブライダルフェア評判